hud-8855

拝殿の後ろ側。
より大きな本殿があるわけではないので、形式からすると裏手のお山が御神体なのでしょうか。

hud-451755

裏山へと続く道。
ここは、中央構造線の真上にあるようだ。